鍼灸師として伝えたい事。

私の鍼灸師としての仕事や日常生活をお伝えします。

冷え性

よく聞く。冷え性

これは一体なに?!

手足が冷たいってどうして??!

 

これは自律神経の働きが影響します。

 

自律神経と基礎体温との関係性を説明します。

 

そもそも

自律神経とは

交感神経→人間が日常生活や運動を行う、やる気みたいなもの。

副交感神経→リラックスしたり身体を休める神経。内臓を働かせるのもこの神経。

 

この二つの神経を合わせて自律神経。と言います。

 

普段、ストレスから自律神経の調節が乱れると

ストレスから身を守ろうと、交感神経優位になり、副交感神経の出が悪くなります。

その影響で内臓の機能は低下や手足が冷えます。

※人間は活動する際に手足よりも脳や他の筋肉に血液を沢山おくります。

逆に休む時は手足末端や内臓へ血液をおくります。(眠くなると手足や耳が火照ったりするのがそれです)

 

知らず知らずに身体の中で出来るはずの調節が出来なくなっているので、冷えてしまっているのです。

まずは自分がどのような環境で、冷えているのか。考えてみるのもいいかもしれません。

 

次回は冷え性対策

自律神経の整えかたを書きます。