鍼灸師として伝えたい事。

私の鍼灸師としての仕事や日常生活をお伝えします。

自分に合った整形外科と治療院の選び方

今日は自分に合った治療院の選び方です。

(トレーニングについてはまとめ中の為、、、)

 

まず大きな違いから。

 

整形外科:

①医師の診察のもと、検査やリハビリを受けることができる。

②レントゲンなどの検査で骨に異常がないか診察してくれる

MRIがあれば腱の断裂、ヘルニアなどの診断も可能)

③注射(痛み止など)をしてもえる

 

接骨院整骨院)※呼び方が違うだけと思ってください:

①国家資格所有者が検査し痛みの原因を見つける

②検査した術者が手技での治療を行う

③診察時間が長く、通院しやす(事がおおい)

 

 

大きく分けるとこんな感じ

 

 

ここからは実際に現場に出ている側からの選び方

※あくまでも私個人の意見です。そうでない治療院も

あります。

 

まず、身体がおかしいな。痛いなと感じたら

①口コミサイトで(エキテンなど)

②評判が良い

③家が近い又は職場から近く、通院しやす

この3つの条件が揃った接骨院、治療院を選んで下さい。

 

理由。

整形外科には2種類あります。

リハビリに力を入れているところ

検査に力を入れているところ

 

私の経験上、後者がほとんどです。

レントゲン撮って骨に異状はない。しかし、痛みがある。痛み止めを処方。

このパターンがほとんどです。

 

 

否定するわけでは無いですが

勘違いしないで頂きたいのが、

痛み止めは治すお薬ではありません!!

お医者さんにも確認して下さい。

 

病院に行くな

と言っているのではなく、

「これ(痛み止め)を飲んでいれば治ります。」

と言うところだけは絶対に行かないで下さい。

 

 

すみません。過去にそれで苦しんだ患者さんがいた為に、少し熱くなりました。

 

 

 

本題に戻ります。

検査に力を入れているところは保存療法になることが多いです。

 

保存療法とは:患部を安静にし、治していく事

 

保存療法は動きが悪くなった筋肉や関節の治療には向いていません。

 

 

そこに対しての治療に特化しているのが接骨院です。

 

接骨院に通院するポイント

先ほどあげたものもありますが

①評判がいい

②通いやすい

この2つの条件が揃ったら行ってみてください

 

もし。接骨院で診れない症状であれば整形外科や他の病院を紹介してくれるので心配いりません。

 

通院したらまずは3回を目安に通ってみてください。

治療計画というものがあり、初回ではこのくらい良くなるだろう。と計算して治療を行います。

 

合わない又は変えたほうがいい治療院

①3回通っても全く症状に変化無し

②身体や治療、通院についての説明が全くない

③そもそも生理的に受け付けない

この条件は1つでも当てはまったらあなたに向いていません。

次の治療院を探しましょう。

 

 

 

エキテンという接骨院鍼灸などの治療院、整形外科の口コミの書いてあるサイトがあるので

ぜひチェックしてみてください。