鍼灸師として伝えたい事。

私の鍼灸師としての仕事や日常生活をお伝えします。

小腸、大腸の働きを良くする食材。

便秘やお腹が痛くなりやすい。など

お腹トラブルをかかえている方は

この中から自分に足りてない。と思うものを日常で足してみて下さい。

 

 

《食物繊維》

→大腸のエネルギー源

もち麦:βーグルカン豊富(水溶性)

f:id:kakehashi75:20200528005542j:image

・キウイ:水溶性食物繊維豊富

f:id:kakehashi75:20200528005722j:image

 

《エクストラバージンオイル》

→抗酸化物質豊富(オレイン酸

 

グルタミン酸

→主に小腸のエネルギー源(大腸も)

生魚、生卵に含まれるタンパク質

f:id:kakehashi75:20200528005925j:imagef:id:kakehashi75:20200528005932j:image

 

オリゴ糖

→血糖値を上げずに善玉菌増やす。ビフィズス菌の餌になる。

バナナなどに豊富

f:id:kakehashi75:20200528010105j:image

 

《植物性乳酸菌》

→動物性乳酸菌と違い、酸やアルカリに強いので生きたまま腸へ届く。

善玉菌が住みやすい環境を作れる。

 

味噌、醤油、漬物に多く含まれる

f:id:kakehashi75:20200528010306j:imagef:id:kakehashi75:20200528010311j:imagef:id:kakehashi75:20200528010315j:image

 

 

ファイトケミカル

→抗酸化作用のあるもの。がん化を防ぐ。老化とともに進行する活性酸素による体内のサビを無毒化する

ファイトケミカルは主に6つに分かれます。

 

ポリフェノール:赤ワイン、コーヒー

f:id:kakehashi75:20200528010609j:imagef:id:kakehashi75:20200528010614j:image

 

②脂質関連物質:人参(βカロテン)、トマト(リコピン)、ホウレンソウ(ルチン)

f:id:kakehashi75:20200528010739j:imagef:id:kakehashi75:20200528010816j:imagef:id:kakehashi75:20200528010829j:image

 

 

③香気成分:クローブオイルに含まれるオイゲール、柑橘系のリモネン

f:id:kakehashi75:20200528011014j:imagef:id:kakehashi75:20200528011032j:image

 

④合硫化合物:ニンニク、玉ねぎ、ブロッコリー、白菜、ワサビ、ネギ→イオワ化合物

f:id:kakehashi75:20200528011230j:imagef:id:kakehashi75:20200528011236j:imagef:id:kakehashi75:20200528011243j:imagef:id:kakehashi75:20200528011356j:imagef:id:kakehashi75:20200528011313j:imagef:id:kakehashi75:20200528011329j:image

 

アミノ酸

アスパラガス→グルタチオン

f:id:kakehashi75:20200528011450j:image

 

⑥糖質

大麦やキノコに含まれるβグルカン

f:id:kakehashi75:20200528011701j:image

 

海藻に含まれるフコクダイ

f:id:kakehashi75:20200528011745j:image

 

りんごのペプチド

f:id:kakehashi75:20200528011811j:image

 

《ペパーミント》

→メントールでお腹の筋肉の収縮を抑え、腸をリラックスさせる

f:id:kakehashi75:20200528011918j:image

 

《ココア》

→食物繊維リブニン(便通改善)、カカオポリフェノール

f:id:kakehashi75:20200528012013j:image

 

マグネシウム

→便秘薬。体内に欠かせないミネラル

雑穀、大麦、海藻類、ホウレンソウ、サツマイモ、納豆、アーモンド、バナナに多く含まれる。

f:id:kakehashi75:20200528012146j:image